HOME

正信偈(草譜)

RealAudio

Download
RealAudio
Player
基礎知識をマスターしてから始めて下さい
  1. 正信偈の基礎知識に戻る
  2. 正信偈(行譜)をマスターする
  3. 念仏和讃・回向をマスターする
RealAudio Player が必要です




 まずは正信偈(草譜)の初めの部分(10句)を聞いていただきましょう。

帰命無量寿如来〜重誓名声聞十方


(1) 草譜の譜(博士/博士)は字句の右側に付されたものを見ます

 『正信偈』の本を見ると、字の左や右に譜(墨で書かれた線)が付けられていますが、これを「博士(はかせ)」といいます。「墨譜」とも書きます。草譜の場合、字句の右側の博士を見ます。4句目の「在世自在王仏所」の「王仏所」に初めて博士が登場します。

 途中、46句目の「中夏日域之高僧」や「善導独明仏正意」以下は左側に博士が書かれていますが、草譜の場合は右側の博士を見るのですから、これらは無視します。


(2)『正信偈』は、初めから終わりまで「拍」にしたがって唱えます

 草譜の場合、漢字1字対して拍が割り当てられており、基本的に次の規則に従います。
下記以外の漢字1字1拍・下記以外の漢字全て
右に「引」がある漢字1字2拍・各句の最後の1字(2個所に例外)
・「是人名分陀利華」の「名」
・「中夏日域之高僧」の「中夏日域」など
右に「引−火」または「引」と
漢字間に「−」がある漢字2字
1文字目 1.5拍
2文字目 0.5拍
・「超発希有大弘誓」の「希有」と「大弘」
・「如来所以興出世」の「所以」
・「常覆真実信心天」の「常覆」など

例外1句目「帰命無量寿如来」の「来」3拍
最後から4句目「弘経大士宗師等」の「等」4拍
最終句「唯可信斯高僧説」拍なし
 『正信偈』は、初重の念仏の4句目(調声人は3句目)までは無本で(本を持たずに)唱えることになっています。しかし、最初から無本というわけにはいきませんから、リンを打つ前に両手で本を戴いて開いて胸前に保持しますが、この時に右手の人差し指で軽く本をたたくように拍をとるとよいでしょう。


(3) 「帰命無量寿如来」から「至安養界証妙果」で使われる音階と出音

 草譜の「帰命無量寿如来」から「至安養界証妙果」使われる音階は、壱越(ハ調レ)・神仙(ハ調ド)・黄鐘(ハ調ラ)の3つで、壱越(ハ調レ)が基準となっています。

 そして、「帰命無量寿如来」の「帰」の出音は、壱越(ハ調レ)です。壱越のリンの場合は、リンの音を拾って出音します。


(4) 「帰命無量寿如来」の「来」は3拍で、二字仮名を軽くつける

 1句目は調声人が独唱しますが、「帰命無量寿如来」の「来」は拍のきまりの例外で3拍となります。「ら」が1拍、「い」が2拍です。
寿
き〜みょ〜うむ〜りょ〜うじゅ〜にょ〜ら〜い〜〜
12121112
 また、「命」は「みょ〜う」、「量」は「りょ〜う」と、必ず「う」を軽くつけます。つまり、「帰命」が「きみょ〜」になったり、「無量」が「むりょ〜」になってはいけません。この読み仮名の二文字目の文字を「二字仮名」といいますが、2句目以降も同じで必ず付けるように心がけて下さい。
帰命無量寿如来正しい唱え方
×帰命無量寿如来「帰」「無」「寿」が1拍になっていない
僧侶にも案外多い
×帰命無量寿如来二字仮名がついていない
「命」と「量」の「う」が「お」になっている

(5) 同音は調声の声にかぶせて入る

 「来」は3拍で、4拍目より同音が「南無不可……」と入るわけですが、厳密にいえば調声人は「来」を3拍より長くのばして唱え、同音がこの4拍目より調声人の声にかぶせて「南…」と入ります。
帰命無量寿如来・南無不可思議光

(6) 1句毎に「息つぎ」をする

 「息つぎ」は1句毎に行います。毎句最後の文字は2拍ですが、2拍いっぱい延ばさず、1.5拍ぐらいにして、残りの 0.5拍で息つぎをします。従って、1句毎に声が途切れて息つぎが入ることになります。

 ただし、1句目の調声は同音がつくまで延ばすので例外です。

 また、40句目の「是人名分陀利華」の最後の「華」も例外で、「華」は1拍で、しかも息つぎをせずに次の句「弥陀仏本願念仏」に続けます。この部分については、後ほど説明します


(7) 4句目毎に最後の3文字を下げる

 4句目の「在世自在王仏所」は、「王」と「仏」を神仙(ハ調ド)に下げ、最後の「所」を更に黄鐘(ハ調ラ)まで下げて唱えます。ハ調の音階でいえば次のようになります。

在世自在王仏所
 以下、4句目毎はこのように終わりの3字を下げて唱えます。4句目毎に下げるので、草譜のことを「四句目下り(しくめさがり)」ともいいます。


(8) 「引」と「−」がついている個所は、1拍半と半拍で唱える

 「超発希有大弘誓」の「希有」と「大弘」には、1字目の右に「引」とあり、文字と文字の間に「−」がつけてあります。本によっては2文字の右に「引−火」とあるものもあります。ここは「火急(かきゅう)」という唱え方をします。1字目を1拍半、2字目を半拍で唱えます。
111.50.51.50.52
 この「超発希有大弘誓」は4句目にもあたりますから、(7) の四句目下りにも唱えなければなりません。
超発希有大弘誓
 
 上記の要領で唱えるわけですが、途中、変則的な個所がでてきます。まずは、40句目の「是人名分陀利華」と次の「弥陀仏本願念仏」と、46句目の「中夏日域之高僧」という個所ですが、ここを説明しておきます。まずはその個所を聞いていただきましょう。

仏言広大勝解者〜明如来本誓応機


(9) 「是人名分陀利華」の「華」は1拍で、息つぎはしない

 普通、各句の最後の1文字には「引」とありますが、「是人名分陀利華」の「華」には「引」がありません。従って、この「華」は1拍で唱えます。

 また、この個所では息つぎをせずに、次の「弥陀仏本願念仏」に続けます。つまり、「是人名分陀利華・弥陀仏本願念仏」を一息で唱えるわけです。

11211111111112

是人名分陀利華・弥陀仏本願念仏

(10) 「中夏日域之高僧」は音程を上げず、「じちいき」は1拍ずつ

 行譜では「中夏日域之高僧」の「中夏日域」を平調(ハ調ミ)の高さに上げて読みますが、草譜では壱越(ハ調レ)のままです。「引」がついているところは2拍で唱えるのは行譜と同じです。

 また、「日域」のところの二字仮名に注意して下さい。「引」がついている個所では、通常二字仮名を最後に添えますが、この「日域」に限って、「じ」を1拍、「ち」を1拍、「い」を1拍、「き」を1拍で唱えます。「じ〜ち」「い〜き」とならないようにします。

ちゅうか〜し〜こうそ〜う
221111112

印度西天之論家・中夏日域之高僧・顕大聖興世正意
 同じく行譜では「為衆告命南天竺」と「自然即時入必定」を音程を上げて読みますが、草譜では音程を上げずに読みます。
い〜しゅ〜ご〜うみょ〜うな〜んて〜んじ〜く
2222112

為衆告命南天竺

じ〜ね〜んそ〜くじ〜にゅ〜うひ〜つじょ〜う
2222112

自然即時入必定
 
 次に「至安養界証妙果」から、2回目の調声人の独唱となる「善導独明仏正意」に移る前後を聞いていただきます。

三不三信誨慇懃〜善導独明仏正意〜行者正受金剛心


(11) 「至安養界証妙果」の最後は次第にゆっくり

 「至安養界証妙果」の拍は次の通りですが、中ほどより次第にゆっくりとなり唱え終わります。
あ〜んにょ〜うが〜いしょ〜うみょ〜うか〜〜ぁ
1222(2)(2)(2)

至安養界証妙果

(12) 調声人は、双調(ハ調ソ)で「善導独明仏正意」を出音する

 これまでの壱越(ハ調レ)から一気に双調(ハ調ソ)まで2音半上がるわけですが、どれだけ高くするかは耳で覚えるしかありません。何度も正しいおつとめを聞いたり、ピアノやオルガンを使って練習を重ねると、そう難しいことではありません。

 ここは2回目の調声人の独唱となりますが、調声人は「至安養界証妙果」の「果」を全員が唱え終わってから出音します。調声人が助音の声にかぶせて出音することはありません。

 拍は、(4) の拍のきまりどおりですから次のようになります。

ぜんど〜うどくみょ〜うぶっしょうい〜〜
1212112

善導独明仏正意

(13) 同音は調声の声にかぶせて「矜哀……」と入る

 「意」は2拍で、3拍目より同音が「矜哀定散……」と入るわけですが、厳密にいえば調声人は「意」を2拍より長くのばして唱え、同音がこの3拍目より調声人の声にかぶせて「矜…」と入ります。(5) の最初の同音の場合と同じです。
善導独明仏正意・矜哀定散与逆悪

(14) 四句目下りはなく、字の右の「下」に従い、「ワル」読み方はしない

 「善導独明仏正意」からは四句目下りの唱え方はしません。そのかわり漢字の右上に付けられた「下」に従って唱えます。本によっては「下」の文字は「○」で囲まれていたり「下ル」となっています。

 この「下」は、その文字からその句の最後の文字までを壱越(ハ調レ)に下げることを意味します。「開入本願大智海」の「本」に初めて出てきます。

 また、行譜では「開入本願大智海」の「入」は「ワル」読み方をして「にう」と発声しますが、草譜の場合は「ワル」読み方はしません。

 「開入本願大智海」の「開入」と「本願」には「引」と「−」がついていますから、(8) で習った火急の唱え方も含まれています。次のような音階と拍になります。

か〜いにゅうほんがんだ〜いか〜〜い
1.50.5111.50.52
 そして、次の行頭には「下」がついていないので、もとの双調(ハ調ソ)の高さに戻ります。
開入本願大智海
 このように
壱越(ハ調レ)に下げて唱える個所を、節譜のある個所と共に次に示しておきます。
善導獨明佛正意
矜哀定散與逆惡
光明名號顯因縁
開入本願大智海

行者正受金剛心
慶喜一念相應
與韋提等獲三忍
即證法性之常樂

源信廣開一代教
偏歸安養勸一切
專雜執心判淺深
報化二土正辨立
極重惡人唯稱佛
我亦在彼攝取
煩惱障眼雖不見
大悲無倦常照我

本師源空明佛教
憐愍善惡凡夫人
眞宗教證興片州
選擇本願弘惡世

還來生死輪轉家
決以疑情爲所
速入寂靜無爲
必以信心爲能入
弘經大士宗師
拯濟無邊極濁惡
道俗時衆共同心
可信斯高僧




黒字…双調(ハ調ソ)

赤字…壱越(ハ調レ)

青字…節譜あり

 「還来生死輪転家」から最後の「唯可信斯高僧説」の部分を聞いていただきましょう。

還来生死輪転家〜唯可信斯高僧説


(15) 「弘経大士宗師等」の「等」は4拍で節譜がある

 「弘経大士宗師等」の「等」の右側に博士がついています。ここは「と・お・お・う」と4拍で、2拍目を壱越(ハ調レ)に下げ、3拍目からまた双調(ハ調ソ)に戻して唱えます。4拍目に「う」を言います。
きょ〜うだ〜〜いしゅ〜う
1221211111

弘経大士宗師等
 最後4行は「引」が多いですが、二字仮名の位置に注意して下さい。次の個所以外は一番最後(最後の拍ではなく拍の最後)に添えます。
最後から4句目「弘経大士宗師等」の「等」の「う」「等」の4拍目
最終句「唯可信斯高僧説」の「唯」の「い」「唯」の2拍目
「唯可信斯高僧説」の「説」の「つ」「説」の3拍目

拯済無辺極濁悪・道俗時衆共同心

(16) 最終句は行譜と同じ、字の左の博士を見て唱える

 「唯」の「ゆ」と「説」の「せ」は勝絶(ハ調ファ)で、あとは双調(ハ調ソ)で唱えます。この行には「引」はついていませんが、「道俗時衆共同心」に続いて次第にゆっくりと唱え終わります。
ゆ〜い〜か〜〜〜し〜〜んし〜〜〜こ〜〜うそ〜〜うせ〜え〜つ〜
(1)(1)(2)(2)(2)(2)(2)(1)(1)(1)
ファファ

唯可信斯高僧説

(17) 最後にリンを1打する

 最後にリンを1打しますが、次の初重念仏が壱越(ハ調レ)で始まりますから、壱越の音が出るリンの場合、この音を拾って「南無……」と出音します。





基礎知識をマスターしてから始めて下さい
  1. 正信偈の基礎知識に戻る
  2. 正信偈(行譜)をマスターする
  3. 念仏和讃・回向をマスターする
RealAudio Player が必要です


HOME