重誓偈作法


(1)總礼頌

原文 稽首佛足 右繞三匝
長跪合掌 以頌讃曰
和訳仏足を稽首し、右に繞ること三匝して、長跪合掌して、頌をもつて讃めてもうさく
出拠康僧鎧訳 『無量寿経』上巻 讃仏偈前文 『真聖全』1・6-2/『註釈版』11-7
備考「讃仏偈作法」の「総礼頌」を参照


(2) 重誓偈

原文 佛説無量壽經
我建超世願 必至無上道 斯願不満足 誓不成正覚 我於無量劫 不為大施主
普済諸貧苦 誓不成正覚 我至成佛道 名声超十方 究竟靡所聞 誓不成正覚
離欲深正念 浄慧修梵行 志求無上道 為諸天人師 神力演大光 普照無際土
消除三垢冥 広済衆厄難 開彼智慧眼 滅此昏盲闇 閉塞諸悪道 通達善趣門
功祚成満足 威曜朗十方 日月■重暉 天光隠不現 為衆開法藏 広施功徳宝
常於大衆中 説法師子吼 供養一切佛 具足衆徳本 願慧悉成満 得為三界雄
如佛無礙智 通達靡不照 願我功慧力 等此最勝尊 斯願若剋果 大千応感動
虚空諸天人 当雨珍妙華
和訳▼われ超世の願を建つ、かならず無上道に至らん。▼この願満足せずは、誓ひて正覚を成らじ。▼われ無量劫において、大施主となりて、▼あまねくもろもろの貧苦を済はずは、誓ひて正覚を成らじ。▼われ仏道を成るに至りて、名声十方に超えん。▼究竟して聞ゆるところなくは、誓ひて正覚を成らじ。▼離欲と深正念と、浄慧とをもつて梵行を修して、▼無上道を志求して、諸天人の師とならん。▼神力、大光を演べて、あまねく無際の土を照らし、▼三垢の冥を消除して、広くもろもろの厄難を済はん。▼かの智慧の眼を開きて、この昏盲の闇を滅し、▼もろもろの悪道を閉塞して、善趣の門を通達せん。▼功祚、成満足して、威曜十方に朗らからなん。▼日月、重暉を■めて、天の光も隠れて現ぜじ。▼衆のために法蔵を開きて、広く功徳の宝を施せん。▼つねに大衆のなかにして、法を説きて師子吼せん。▼一切の仏を供養したてまつりて、もろもろの徳本を具足し、▼願と慧ことごとく成満して、三界の雄たることを得ん。▼仏(世自在王仏)の無碍智のごとく、通達して照らさざることなけん。▼願はくはわが功慧の力、この最勝尊(世自在王仏)に等しからん。▼この願もし剋果せば、千まさに感動すべし。
出拠康僧鎧訳 『無量寿経』上巻 法蔵発願『真聖全』1・13-14/『註釈版』24-10 
備考『梵唄集』所載の「重誓偈作法」の「経段」を依用したもの。譜については「讃仏偈作法」の「総礼頌」を参照


(3)回向句

原文 稽首阿彌陀兩足尊
敬禮常住三寳
敬禮一切三寳
   我今歸依 釋迦善逝
   見眞大師 傳燈諸師
願以此功徳 平等施一切
同發菩提心 往生安樂國
和訳阿弥陀両足尊を稽首し、常住三宝を敬礼し、一切三宝を敬礼したてまつる。われいま釈迦善逝、見真大師、伝灯諸師に帰依したてまつる。願はくはこの功徳をもつて平等に一切に施し、同じく菩提心を発して、安楽国に往生せん。
出拠魚山声明に用いる六種回向の文に依って造句(1行目は十二礼文の初句より造語)された今集の回向句。
「願以此功徳」以下は、善導大師 『観経疏』玄義分
『真聖全』1・442-2/『註釈版』1453-1
備考譜については「大師影供作法」の「回向句」を参照