上宮太子会作法


(1)頂礼文

原文南無歸命頂礼西方阿弥陀佛
和訳南無して帰命して、西方の阿弥陀仏を頂礼したてまつる
出拠
 
曇鸞大師 『讃阿弥陀仏偈』弥陀章『真聖全』1・350-4
「南無至心歸命禮西方阿彌陀佛」をアレンジした句か。
備考「円光大師会作法」の「頂礼文」を参照。なお『龍谷唄策』中「太子講作法」の「頂礼文」は、『声明品集』に「太子礼」として見える。


(2)太子奉讃

原文和國ノ教主聖徳皇    廣大恩徳謝シガタシ
一心ニ歸命シタテマツリ 奉讃不退ナラシメヨ
他力ノ信ヲエンヒトハ  佛恩報ゼンタメニトテ
如來二種ノ回向ヲ    十方ニヒトシクヒロムベシ
出拠親鸞聖人 『正像末和讃』聖徳奉讃(90)
親鸞聖人 『正像末和讃』聖徳奉讃(87)
『真聖全』2・526-c9/『註釈版』616-a9
『真聖全』2・526-b9/『註釈版』615-b9
備考『龍谷唄策』所載の「太子講作法」の「大悲段」の譜に依る。本文は「太子和讃」に依る新制。元譜は魚山声明の「九方便」のもので、『声明品集』にも見える。


(3)念仏

原文南无阿弥陀佛 南无観世音菩薩
南无大勢至菩薩 南无清浄大海衆菩薩
和訳
出拠
備考「円光大師会作法」の「念仏(四句)」を参照


(4)回向

原文願以此功徳 平等施一切
同發菩提心 往生安樂國
和訳願はくはこの功徳をもつて、平等に一切に施し、
同じく菩提心を発して、安楽国に往生せん。
出拠善導大師 『観経疏』玄義分 「帰三宝偈」終わりの4句 『真聖全』1・442-2/『註釈版』1453-1 
備考「広文類作法」の「回向」を参照