楽曲解説(高麗楽の部・高麗平調/高麗双調)


林歌、臨河、林賀(りんが)

 高麗楽、平調、小曲、四拍子、拍子十四、新楽。舞あり(舞人4人、文舞)。
 高麗平調はこの曲のみ。唐楽に同名の曲がある。唐楽の曲には舞はないが、高麗楽には舞がある。『体源抄』には兵庫允の玉手公頼(たまてきみより)の作、『楽家録』には嵯峨天皇(在位809〜823)の代に高麗の笛師下春の作と記されている。装束は林歌用の別装束で、黄色地に金糸・銀糸・黄糸でネズミをししゅうした短い袍を着用し、鼠甲(ねずみかぶと)と呼ばれる林歌専用の甲をかぶって舞う。次第は、高麗小乱声、高麗乱声(舞人登場、出手)、高麗平調音取(別名「加利夜須音取」)、当曲(四拍子、拍子14、当曲舞)、重吹(退場)。舞は地味で渋い。この曲の旋律を歌謡化したものが催馬楽「老鼠(おいねずみ)」(またの名を「西寺(にしでら)」)で、久しく絶えていたが、昭和5年(1930)宮内庁楽部で復活した。管絃の曲は舞楽曲の編曲で、平調、早八拍子、拍子11の小曲で、箏の奏法に輪舌(りんぜつ)という特別の手法がある。番舞は「甘州」。

地久(ちきゅう)=円地楽、地久楽、円池楽

 高麗楽、双調、準大曲、四拍子、拍子十二、急、拍子十、新楽。舞あり(舞人4人、文舞)。
 渤海楽であったが高麗楽に編入されたが、由来などを記載した記録が少なく詳細は不明。準大曲として舞われるときは後参舞(白浜の項を参照)がある。牟子に右方襲装束(常装束)を着て両肩ともぬがずに、鳳凰甲をかぶり、赤い大きな鼻をした温和な面相の人面をつけて舞う。『体源抄』に、紫宸殿の桜が花盛りなので公卿達が出てきて柱を打って拍子を取りながら催馬楽の「桜人」を歌ったところ、近衛の宿直所にいた多政資らが「地久破」を舞ったとある。次第は、高麗双調音取、破(四拍子、登場および当曲舞)、急(四拍子、当曲舞および退場)。番舞は「陪臚」。

白浜(ほうひん)=栄円楽

 高麗楽、双調、中曲、四拍子、拍子十、新楽。舞あり(舞人4人)。
 白浜は韓国の地名であるという。「万秋楽」の答舞として舞うときは準大曲となり、後参舞(ごさんまい)がある。舞人の中の三臈と四臈とが舞い終わって一度楽屋に入って後参桴を持って出て、舞台上の他の二人の舞人にこれを渡し、さらに続けて舞う。これを後参舞というが、今はこの作法は行われていない。高麗笛と篳篥との音頭が拍子のない序吹をして、半ばから楽拍子となり助管がつける。舞人は蛮絵装束を着る。番舞は「春庭楽」。

登天楽(とうてんらく)

 高麗楽、双調、小曲、四拍子、拍子九、新楽。舞あり(舞人4人、童舞)。
 童舞の曲であるが近来は大人が舞っている。わが国で作られた曲といわれているが、誰が作ったかは不明である。蛮絵装束を着る。番舞は「五常楽」。

蘇志摩利(そしまり)=廻庭舞

 高麗楽、双調、中曲、四拍子、拍子九、新楽。舞あり(舞人4人)。
 素戔嗚尊(すさのおのみこと)が高天原を下って新羅国に行ったとき、曽尸茂利(そしもり)というところにいたので、その地名をとって曲名にしたという。蓑笠をつけて舞う。近衛天皇の久安年間(1145〜1150)以来舞は絶えていたが、明治38年(1905)日韓併合の記念に林広継に再興の命があったといい、また明治44年(1911)芝葛鎮によって再興されたともいわれている。しかし、最近はまったく公開されていない。番舞は「蘇莫者」。