御伝鈔下巻・第七段
前 目次


「御伝鈔」下巻


第七段(廟堂創造の段)

 文永9年(1272)冬の頃、東山の西の麓、鳥辺野の北なる大谷の墳墓をあらためて、更に北なる吉水の北の辺に遺骨を移し、廟堂を建て御影像を安置した。
 この時には、聖人によって相伝せられた真宗念仏の教えはいよいよ興じ、遺訓は聖人在世の昔よりも益々盛んであった。門侶は諸国に充満し、遺弟は処々に伝道してたくさんの門信徒ができた。聖人より受けた教えを重んじ、進んで報謝のまことを致そうと、多くの人々が毎年廟堂に参詣するようになった。
 親鸞聖人のご生涯には、まだ様々な言い伝えが残っている。しかしながら、ここでは省略するところである。