御伝鈔下巻・第六段
前 目次 次


「御伝鈔」下巻


第六段(洛陽遷化の段)

 聖人(親鸞聖人)は弘長2年(1262)11月下旬の頃より、ご病気になられた。それからというもの、口に世俗の事を交えず、ただ仏恩の深きを述べられ、専ら念仏が絶えることがなかった。
 同月28日の午時、頭北面西右脇に伏せられ、遂に念仏の息絶えおわられた。時に御年は90歳であった。往生の禅房は、押小路の南、万里小路の東で、

はるかに鴨川をこえて、洛陽東山の西の麓、鳥辺野の南の辺にある延仁寺で荼毘にふされた。
 翌日、遺骨を拾って、同じ山の麓、鳥辺野の北の辺、大谷にこれを納めた。御往生に遇った門弟、勧化をうけた老若は、おのおの親鸞聖人の在りし日をしのび、親鸞聖人なき今を悲しみ涕泣せぬものはなかった。