御伝鈔下巻・第四段
前 目次 次


「御伝鈔」下巻


第四段(箱根霊告の段)

 聖人(親鸞聖人)が関東を発ち帰洛の途につかれ、箱根の険しい道に差し掛かったとき、もうあたりに人影はなく、ようやく人家らしきものを見つけたときには、もう夜も更けて、月は山の後ろに傾きかけていました。
 親鸞聖人が人家の方へ歩み寄られたとき、装いも正しい年取った翁がどこともなく現れて言った。「この地方の習わしで、権現さまに仕える者達が集まって、夜通し祭りに興じていたのだが、少し仮眠をしようと思ったとき、夢うつつの中に権現さまが現れて『ただ今、私が尊敬する客人がここを通りかかるので、懇ろに誠を尽くして特に丁重にもてなせ』と仰せられた。お告げが終わるか終わらないうちに、貴僧がお姿をあらわされた。きっと、あなたはただ人ではございません。神のお告げはうそではなかった」と申しながら迎え入れ、さまざまなご馳走に珍味をととのえておもてなしを申し上げた。