御伝鈔下巻・第一段
前 目次 次


「御伝鈔」下巻


第一段(師資遷謫の段)

 浄土の宗が盛んになってきたため聖道門の教えが廃退した。これを空師(法然上人)のせいにして、ただちに法然を処罰すべきであると、興福寺や比叡山の学僧達が憤慨して訴え出た。
 『顕化身土文類』(教行信証・化身土巻)に「静かに考えてみると、聖道の諸教はいつの間にか廃れ、浄土の真宗の教えは今盛んである。諸寺の学僧達は形式だけの仏教にしがみつき、真実の教えに背を向けており、みやこの学者達も、何が正しく、何が間違いかもわからなくなっている。そのために興福寺の学徒達は、太上天皇の承元元年(1207)2月上旬、朝廷に念仏停止を奏達した。

 上は天皇から、下は家臣に至るまで、真実の法を聞く耳を失い、正しい道を 踏み外して、怒り、不実な行為をなすに至った。
 これにより、真宗興隆の大祖源空法師(法然上人)ならびに門下の数人は、罪科の当否を考えず無法に死罪になったり、還俗させられ流罪となった。私もその一人である。それゆえ、もはや僧でもなく俗でもない。こういうわけで禿の字をもって姓としたのだ。空師(法然上人)ならびに弟子達は、あちらこちらに追放されて、5年の月日が流れた」とある。

 空聖人(法然上人)の罪人としての名は藤井元彦、配所は土佐国幡多。

 鸞聖人の罪人としての名は藤井善信、配所は越後国国府。このほか門徒(門下の弟子達)が死罪や流罪に処せられたが、みなこれを略す。

 建暦元年(1211)年11月17日、岡崎中納言範光卿を通じて勅免を承った(罪が許された)。そのとき親鸞聖人は、既に述べたように禿の字で署名された報告書を出されたので、陛下も感嘆し、侍臣達も心からほめたたえたとある。
 罪は許されたが、親鸞聖人は、各地で教化をするために、暫くは越後にお留 まりになった。