御伝鈔上巻・第八段
前 目次 次


「御伝鈔」上巻


第八段(入西鑑察の段)

 弟子の入西房が、親鸞聖人の真影を写したいと思っていたところ、それを察した聖人が、絵師の定禅法橋に写させたらよかろうと仰せられた。入西房は聖人のお察しの言葉を喜び、さっそく法橋を招くことにした。
 やがて定禅法橋が参上した。聖人の尊顔を拝するやいなや「昨日夢で拝した聖僧のお顔と、今お目にかかっている容貌が少しも違わない」といって随喜感嘆し、自らその夢を語った。
 「貴僧二人が来られ、片方の僧が、もう一人の僧の真影を描きたいのだが、あなたが筆を振るって欲しいと申された。その僧は善光寺の阿弥陀如来さまだという。定禅は掌をあわせひざまづき、畏れ恭敬尊重していると、御首だけで結構だと言われた。このような応対があり夢がさめた。ところがここに今おられる方を見ると、夢の中の僧と少しも違わない」と言い、随喜し涙を流した。「それなら夢と同じようにしましょう」と、御首だけを写したのである。夢想は、仁治3年9月20日の夜のことであった。
 この夢を考えてみるに、聖人は弥陀如来の来現だったことは明らかである。しかれば、聖人の伝える教行は、弥陀の直説であると味わうべきである。