御伝鈔上巻・第七段
前 目次 次


「御伝鈔」上巻


第七段(信心諍論の段)

 昔、源空聖人(法然上人)の御前に、多くの弟子が集まり、思いもよらぬ諍論がなされたことがある。親鸞聖人が「法然上人の御信心と善信(親鸞聖人)の信心と少しも変わるところなく一つである」と申されたところ、人々はそれをとがめて「何故か」と詰め寄った。
 これに対して善信(親鸞聖人)は「智慧や学問が同じと申したならば誤りであるが、往生の信心ということでは、法然上人の信心も他力より賜った信心であり、善信の信心も他力より賜った信心であれば、ひとしくて変わろう筈がない」と仰せられた。
 その時、大師聖人(法然上人)が仰せられた。「信心が異なるというのは自力の信にとってのことである。他力の信心は仏より賜る信心であるから、源空の信心も善信房の信心もひとしくただ一つであるのだ。もし信心が変わるというのならば、その人々は私が参らせていただく浄土へは参ることはできまい」と。そこに集まっていた面々は、そうであったかと頷くばかりであった。