御伝鈔上巻・第六段
前 目次 次


「御伝鈔」上巻


第六段(信行両座の段)

 源空聖人(法然上人)が在世の昔、念仏往生の旨をお勧めになるや、世の人々は悉くこの教えに帰依し、宮中の政にいそしむ尊い方々も、人里離れた遠い地方の人々も、この教えを仰ぎ敬うようになり、出家者も 380余人となった。そうとはいえ、真に上人の御本意を得、そのおしえをまもる者は少なく、5・6人さえもなかった。
 あるとき親鸞聖人は「私は難行道に見切りをつけ易行道に目覚め、聖道門より浄土門に身を置くようになり、如来の本願に気がつかせたいただいたことに大きな喜びを感じている。同じ師の教えを受けている人は多いけれど、ほんとうに浄土往生の信心を頂いている者がどれくらいいるのかが知りたい」と、法然上人に申し上げたところ、法然上人も「それはもっともなことである。明日人々が集まったときに行うとよい」と申された。
 そこで「阿弥陀仏の救いは、信心によるのか、念仏行によるのか」を問うことになり、翌日の集会のとき、親鸞聖人は「今日は、信不退行不退の座に分けた。いずれの座に着くかを示してもらいたい」と申された。聖覚法院・信空上人がすぐさま信不退の座に着かれた。遅参した沙弥法力(熊谷次郎直実)ももれずに信不退の座についた。その他の数百人の門弟達が進退を決めかねていたところ、親鸞聖人も信不退の座に着かれた。暫くして源空聖人は「源空(法然)も信不退の座にまいる」と仰せられた。進退を決めかねていた門弟は、信不退の座に着いた人々に屈して尊敬の色を現し、早くまた信不退の座に着くべきだったと後悔の色をうかべた。