御伝鈔上巻・第四段
前 目次 次


「御伝鈔」上巻


第四段(蓮位夢想の段)

 建長8年(1256)2月9日の夜、蓮位房の夢想によると「聖徳太子が親鸞聖人を礼拝し申された。『敬礼大慈阿弥陀仏・為妙教流通来生者・五濁悪時悪世界中・決定即得無上覚也』」
 蓮位房は、祖師聖人(親鸞聖人)を弥陀如来の化身とあがめられたということである。