御伝鈔上巻・第三段
前 目次 次


「御伝鈔」上巻


第三段(六角夢想の段)

 建仁3年(1203)4月5日の夜、夢に六角堂の救世菩薩が「行者宿報説女犯・我成玉女身被犯・一生之間能荘厳・臨終引導生極楽。これはわが誓願ゆえに一切群生に聞かしむべし」と仰せられた。その時、善信(親鸞聖人)は夢の中にありながら御堂の正面に向かって東方を見れば、険しくそびえ立つ山々がならび、その高い山の上に群集する数千万億の有情に、この文の意を説き聞かせられたと思うと夢はさめた。全く真宗繁盛の奇瑞、念仏弘興の表示である。
 後に聖人(親鸞)が仰せられた。「仏教が日本で興隆したのは、ひとえに聖徳太子のお陰である。救世菩薩は太子の御本地で、垂迹興亡の願を顕すため本地の尊容をお示しになったのだ。
 流刑により辺鄙の郡類を化する縁が開けたのは、師教の恩致である。大師聖人(法然上人)は勢至菩薩の化身、太子(聖徳太子)は観音菩薩の垂迹である。我は二菩薩のお導きに順じ、如来の本願を弘めるのである。この二菩薩の願は、ただ一仏名(南無阿弥陀仏)を専念するようすすめておられるのであるから、あやまって脇士(観音・勢至)につかえることなく、ただちに本仏である阿弥陀仏を仰がなければならない」。
 ゆえに親鸞聖人が傍らに聖徳太子をあがめられたのは、仏法弘通の大恩報謝のためである。