出家得度(白川房)

慈鎮和尚の房舎で9歳の聖人が 「明日ありと思ふ心のあだ桜 夜半に嵐の吹かぬものかは」
と詠われ、その日のうちに得度式を済まされた逸話が残っています。

画像の上にマウスカーソルを持っていくと霧が出て雨が降ってきます。
マウスカーソルを外に出してしばらくすると霧は晴れ雨がやみます。

Java がブラウザによりブロックされているか、サポートされていません。
IEの場合、上部の警告バーをクリックしてコンテンツを許可して下さい。


蓮浄寺の『御絵伝』より「出家得度の図」です。

場所は一般に青蓮院と言われていますが、聖人出家当時の青蓮房は比叡山にありました。
正しい場所は、慈円の房舎で後に青蓮院本坊の一部となった白川房だということです。