SubMenu次 2.仏壇を購入する時期

(1)お仏壇とお荘厳




1. 仏壇を安置する意義
 人口の流動化や核家族化などの社会情勢の変化によって、最近では、何世代にもわたって同じ家に住むことがめっきり減り、次々と新しい家が建ち、また引っ越しも頻繁に行われています。そうして移り住んだ家には、特に若い世代を中心に、昔はどの家にも必ずあったお仏壇が、安置されていないケースが増えてきました。

 「なぜ、お仏壇がないのですか」と尋ねてみると、けげんそうな顔で「まだ誰も死んでいませんから…」とか「仏壇はいなかにありますから…」といった言葉が返ってきます。

 “誰も死んでいない”とは、考えてみれば妙な話で“私”につながる数限りないご先祖の方がたが死んでいったはずです。

 それはさておき、こうした言葉の裏には、お仏壇が、いま生きている家族の誰かが死んで初めて必要になるものであり、ご先祖にしても、子孫の誰か一人(多くの場合、長男)が“面倒を見れば”事足れり、といった認識があるようです。さらに言えば、お仏壇は“死者や先祖をおまつりするためのもの”と思っているのです。

 しかし、はたしてそうでしょうか。お仏壇というのは、文字通り“仏さまをご安置する壇”のことです。仏さまとは、言うまでもなくご本尊である阿弥陀仏(如来)のこと。ちょっとしたことにこだわり、悩み、自己を見失いがちになる私をしっかりと抱きとめて、けっして崩れることのない安らぎを与えて下さる阿弥陀さまです。お仏壇は、そうした私の心の依り所となり、家庭の精神的基盤となって下さる阿弥陀さまをご安置するために設けるのです。

 いじめ、家庭崩壊など心の問題が山積している昨今、家族そろって阿弥陀さまに手を合わせることが、どれほど心豊かな家庭生活につながるかわかりません。ですから「いなかにあるから…」とか「長男だけでよい」とか言わず、独立した家庭であれば、必ずお仏壇を安置するようにして下さい。

  • お仏壇はご本尊・阿弥陀仏をご安置する所。
  • お仏壇は死者のためでなく、生きている私のためにある。
  • 家ごとにお仏壇を安置しよう。




  • SubMenu次 2.仏壇を購入する時期